嶋津良智/しまづよしのり(ハピニコマスターヨンヨン)が、子育ての「イラオコ」悩むママのために怒らない技術を伝授!

  • LINE ラインで送る

嶋津良智/しまづよしのり(ハピニコマスターヨンヨン)が、子育ての「イラオコ」悩むママのために怒らない技術を伝授するオフィシャルウェブサイト

最終更新日:2017年01月05日

書籍特別公開ページ3

子ども相手に大声で怒鳴ったり、叩いたり……。
そんなパパが超イヤ!
4歳の息子。ちょっとしたことでよく泣くので、パパが「男のくせに泣くな!」と大声で怒鳴ります。ときには「バカヤロウ!」と叩いたり。そんなことしても意味ないと言っても、ちっとも聞いてくれずイラオコです。千葉 ゆっこママ 30代
他人の話なら、夫婦で冷静に話せる。
「逆アドバイス」をもらっちゃおう!

 怒鳴ったり、叩いたり、そんなパパの行動は確かに困るね。もちろん子どもにも良いことじゃないな。もしかすると、パパは怒鳴ったり叩いたりすると、子どもがビビッて一瞬言うことを聞くので、効果があるって思ってるのかもしれない。

そしてこのパパ、間違ったやり方ではあるけど、子どものことを本気で考えているんだろうね。だから、自分の育児法について、ママからストレートにダメ出しされちゃうと……「自分のやり方を否定された」って、感情的になってしまったり、意地を張ってしまったりするのかもしれない。

 ママから批判されるのはイヤ。でも、ママからアドバイスを求められるのは気分がいい。そんなパパは多い(笑)から、ここは、いっそのこと「自分たちのこと」ではなく、「他人のこと」として話してみる「逆アドバイス法」っていうのはどうかな?

「こんなとき、もしパパだったらどうする?」「なんて言ってあげればいいのかな?」パパにも当てはまる話を、とあるママの話として相談してみるんだ。

「○○ちゃんのパパさんが、子どもを怒鳴ったり、叩いたりしちゃうって、ママは困ってるのよ。パパさんに何て声掛けたらいいのかな?」こんな感じでパパに意見を求めてみる。夫婦といっても、考え方はそれぞれ違うから、アドバイスをもらうフリして、パパがどういう気持ちで行動しているのか、何を大切にしているのか、意見をヒアリングしておくことは大切。

 いざ今度そういうことが起きたときは、パパに言われたアドバイスを思いだして、パパに使ってみればいいね。もちろんママも、他人のケースを上手く使って、「私だったらこう思うなー」って、パパに伝えておく。すると、自然とパパに、あなたがどんなことを大切にしているのか、分かってもらえるようになるよね。

ちなみに、話をするタイミングも大事。ヨンヨンの経験上、マジメな話や育児方針の話は、お酒を飲んでいない方が上手く行く気がする。結婚して数年後、「最近何だかケンカが増えたなー」って、振り返ってみると、夜お酒を飲んだときが圧倒的に多かったからね(笑)。